『 暮らしNote 』

日々の暮らしのメモをここに書いてます

雨の日の運転で気をつけること!視界の確保にはサングラスが有効?

投稿日:

近年、、ゲリラ豪雨が多いですよね。

ちょっとした雨でも視界が悪くなるのに、ゲリラ豪雨のような大雨になったら視界はもう最悪です。

雨の日の運転は危険がいっぱいですし疲れるものですよね。

どんな危険があって、どんな対策ができるのかを確認していきましょう。

スポンサーリンク

雨の日の運転で気をつけること

まずは、雨の日の運転にはどんな危険があるのかを確認しないといけませんね。

雨の日の運転にはこんな危険が、どんな対策をすればいいか

視界が悪い
真っ先に出てくるのが、この視界が悪くなるという問題ですね。
雨の日の運転の一番の悩みどころだと思います。

ゲリラ豪雨にでもなったら、視界はかなり悪くなります。
一般道でも気を使うレベルですが、高速道路をは知っている時は最悪ですね。

自分の視界だけでなく、周りのドライバーの視界も悪い。

◯できる対策◯

ガラスに撥水剤を塗る。(ガラコとかですね)
サングラスをする。⬅︎後で詳しくお話します。
速度を落とす。
周りに気づいてもらえるように、ライトをつける

スリップする確率が上がる。
雨によって、路面とタイヤの摩擦が小さくなります。
最近のタイヤは排水性能がかなり良くなっていますが、過信は禁物です。

◯できる対策◯
速度を落とす。
アクセル、ブレーキ、ハンドル全てで急な操作をしない。
速度を落とす

ハイドロプレーニング現象(アクアプレーニング現象)
水の溜まった路面を走行中に、タイヤと路面の間に水が入り込み、車が水の上を滑るようになりハンドルやブレーキが利かなくなる現象。
車が水の上に浮いているような状態になり、ハンドル、ブレーキが効かなくなります。
この現象は、主に速度が出ている高速道路で起こることが多いです。

実際に経験がありますが、急にハンドルが軽くなりました。運がいいことにすぐにおさまりましたが、そのままその状態が続いたらと思うとゾッとします。

ゲリラ豪雨のような強い雨は、道路一面が水たまりのようになってしまいます。こういった状況になると高速道路ではこの現象が起こる可能性が非常に高くなります。

◯できる対策◯
現象が起きないように速度を落とす。⬅︎これに尽きます。
高速道路では、無理をせず雨が弱くなるまで、パーキングエリアやサービスエリアで休憩をとるというのも手です。

もし現象が起こっても、焦らず急な操作をしないようにしましょう。

この中でも雨の日の運転で気をつけたいことは、視界が悪いことをいかに対処するかというところ。

スリップやハイドロプレーニング現象は、自分が注意することによってリスクも抑えられますが、視界が悪いことで他の車や歩行者に気がつくのが遅れてしまうということが起こったりします。

どうすれば、少しでも視界をよくすることができるかを考えなければいけませんね。

スポンサーリンク

雨の日の運転は見えなくて怖い

高速道路を走っていたら、いきなりゲリラ豪雨になって全然前が見えない。

ただでさえ雨が強くて見づらいし、周りの車が巻き上げた水しぶきで余計に見えない。

ワイパーを高速で動かしているけど、それでも視界が悪い。

ガラスは撥水剤を塗っているけど、雨の量が多すぎる。

こんな経験ありませんか?

運転していて、視界が悪いのは本当に怖いものですね。

ワイパーと窓に撥水剤を塗る以外に何か対策できるの?と思うかもしれませんが、意外なもので視界がよくなります

雨の日の運転はサングラスをするといい?

雨の日にサングラスなんかしたら余計に見えづらいんじゃないの?と思うかもしれませんが、かなり視界が良くなるものもあります。

正確にいうと、サングラスではなく偏光グラスです。

どっちにしても視界が悪くなるんじゃないの?と私も最初は思っていましたが、かけてみると驚きますよ?

偏光グラスは、チラツキ(眩しさの原因)を抑えてくれます。

雨の日の運転で視界が悪い原因は、雨に光が乱反射していることが最大の原因です。

この乱反射した光を、偏光グラスが抑えてくれます。

あまり色が濃いレンズだと、若干見えづらくなりますので、レンズの色は薄めのものがおすすめです。

また、個人的にはレンズの色は緑系が雨の日には向いていると思います。

サングラスの中でも、偏光レンズではなくコントラスト(対比という意味)を強調してくれるレンズがあります。

こういったレンズでも、雨の日の視界が良くなります。チラツキを抑える機能は偏光グラスよりは劣ってしまいますが、十分視界がよくなります。

私が使っているものは、こんな感じに見えます。⬇︎雨の日の写真じゃなくてすいません。

雨の日の運転が疲れるのはなんで?

雨の日の運転は、晴れた日に比べると目的地に着いた時に、なんか疲れたなぁなんて思うことありませんか?

これは、視界が悪いことによって、神経が張り詰めた状態が続くことが一番の原因なんです。

ちょっと視界が悪いだけでしょ?と甘く見ない方がいいです。

視界が悪い中での長時間の運転は自分が思っているよりもずっと疲れが溜まってしまうものです。

視界が悪いことによって、ずっと緊張状態が続いてしまうということですね。

疲れが溜まってくると、反応が遅れたりします。事故を起こさないためにも、視界の確保するための撥水剤や偏光グラスを積極的に使いましょう。

また、長距離を運転する際は、無理をせず休憩を取ることも大事です。

まとめ

ゲリラ豪雨が多くなってきている昨今、車の運転をしている時に、出会う機会も増えてきています。

事故を起こさないためにも、取れる対策はとっておきたいところです。

偏光グラスは視界の確保に本当におすすめですので、一度検討してみてはいかがですか?

晴れてい

スポンサーリンク

-
-,

Copyright© 『 暮らしNote 』 , 2019 AllRights Reserved.