『 暮らしNote 』

日々の暮らしのメモをここに書いてます

お出かけ 旅行

四国カルストへのドライブルートと所要時間は?峠道が狭くて大変

投稿日:

四国への弾丸ツアー2日目は松山市内から四国カルストへ向かいます。

四国カルストって有名なんですね!今回の旅行まで名前も知りませんでした・・・

私の場合、他の記事にも書きましたが、旅行へ行くとなるとまず調べるのはグルメのこと。

今回は友人がある程度のプランを立ててくれたおかげで、色々な観光地を見に行けるので感謝しなくてはいけませんね。

さて、四国カルストへ行った感想ですが、頂上付近はとても景色がよくて日本の風景とは思えないような景色が広がっていました。

空気も高原ならではの爽やかな風が吹いていて、とても気持ちがいいです。9月初旬とはいえ、まだ真夏のような気温が続いていますが頂上付近は涼しかったです。

四国カルストへ松山市内から向かったわけですが、当然山道なので道が狭いところも多く意外と大変でした。現地に着くまでの所要時間やドライブルート、気を付けた方がいい事を書いていきますね。

スポンサーリンク

松山市から四国カルストへのドライブルートと所要時間は?

松山城付近のホテルから四国カルストへ向かいます。

距離は約80kmで途中コンビニに寄ったり、のんびり現地に向かったので所要時間は2時間30分ほどかかりました。

ドライブルートは、グーグルマップで検索したままのルートを通りました。↓

途中、国道440号から県道36号へ、そして四国カルストの高原にも通っている県道383号へ進んでいきます。

 

四国カルストへのドライブルートで通るのが大変な峠道

松山側から四国カルストへ向かうルートでも、高知側から向かうルートでも途中に道幅の狭い峠道があります。

高知側からだと国道439号から県道48号、そして県道383号を通るルートになると思いますが、高知側からのルートの方が気持ち道幅が広い気もしますが、道幅が狭い箇所も多いです。

車がすれ違えないような道幅の箇所が多くあり車がすれ違う為に広くなっている所で対向車を待ってあげましょう、スムーズに進むには譲り合いが大事になります。

この写真はグーグルマップですが、見た通り狭いです。

また、写真のように森の中を走っていきますので、天気のいい日は影になっている所や陽が当たっているところが交互にやってきます。

目の前がまぶしくなったり、暗くなったりを繰り返すので視界が悪く感じます。偏光グラスをしていれば乱反射が抑えられるので、視界もよくなりますよ。

あと、曲がりくねった峠道なので先が見えないカーブも多くあります。目の前に対向車がいきなり現れたりなんてこともありましたので、速度は抑え気味で運転しましょう。

また、バイクでツーリングに行く方も多いと思いますが、バイクで行く方は車よりももっと慎重に運転された方がいいです。実際にあと数センチでぶつかるような危ない場面もありました。

ホントに狭くて危ないので、峠道を走る時は余裕を持った運転をしましょう。

 

スポンサーリンク

四国カルストのドライブは景色と空気が最高だった

現地について、目に飛び込んできたのがカルスト地形の絶景!

非日常の風景が目の前に広がっていました。

それと、真っ青な空!標高が高いからか普段見慣れている空とは全然違うように感じます。

百聞は一見に如かず!

空気も高原ならではというか、爽やかな感じでした。

頂上付近でのドライブ動画です↓

 

まとめ

四国カルストへのドライブは松山側、高知側のどちらのルートも狭い峠道を通らなければいけません。

四国カルストへ行かれる方は、運転気をつけてくださいね。

この後、高知にカツオを目当てに土佐市へ向かいましたが・・・

スポンサーリンク

-お出かけ, 旅行
-,

Copyright© 『 暮らしNote 』 , 2019 AllRights Reserved.