『 暮らしNote 』

日々の暮らしのメモをここに書いてます

身体

薬の飲み方で食前・食後、正しいタイミングは?水道水で飲むべき?

投稿日:

病院へ行くと、お薬をもらって帰ってくることがほとんどだと思いますが、お薬の袋に食前とか食後とか書いてありますよね?

私も勘違いしていたことがあったのですが、例えば食後と書いてあって食事の直後に薬を飲めばいいんだなと思っていませんか?

最近では、病院のすぐそばに処方箋専門の薬局があったりしますが、そこでお薬を出してくれる薬剤師さんも薬の効果は説明してくれても、なかなか飲み方や飲むタイミングを教えてくれる方は少ないですね。

意外と勘違いしがちな薬の飲み方や飲むタイミングを解説していきますね。

スポンサーリンク

薬の飲み方で食前・食後、正しいタイミングはいつ?

病院(処方箋薬局)でお薬をもらうと、袋にまとめて薬をいれてもらいますね。

↓こんな感じの標記がしてあるものがほとんどだと思います。

お薬の種類が少ない場合、またはすべて飲むタイミングが食後だったりすると、袋の標記に〇で囲って表示してあったりします。

食後の箇所が〇で囲ってあれば食後に飲むんだなということはわかりますが、食事をした後すぐに薬を飲んでいませんか?

私もそうでしたが、食事の直後に薬を飲むというのは実は間違いなんです。

薬を飲む正しいタイミング

・食前・・・食事の約30分前

・食後・・・食事の約30分後

・食直前・・・食事の直前

・食直後・・・食事の直後

・食間・・・食事の2時間後

・就寝前・・・寝る前の30分以内

・頓服・・・症状に応じて一時的に服用

このように、食前、食後は食事のタイミングから約30分程前や後に薬を飲むのが正しいということですね。

食事してすぐに飲まなければならない場合、食直後という表示がされているということになります。

この辺は、意外と勘違いしがちではないですか?

実は、お薬手帳にしっかり書いてあるのですが、私を含めしっかり読んでない方が多いのではないでしょうか?

↓お薬手帳

薬の飲み方で効果が違ってくる?正しい飲み方は?

お薬は飲むタイミングだけでなく、飲み方でも効果が違ってくると言われています。

お水の量はコップに1杯程度でお薬を飲む飲む分だけでなく、少し多めの水で飲むとお薬が効率よく身体に吸収されます。

そして、お薬は水やぬるま湯で飲むことが基本。

しかし、よくやってしまいがちな水以外でお薬を飲んでしまうという事。

食事をしている時に飲んでいたお茶があるからこれで飲めばいいか、なんてことをやってしまったりしていませんか?

他にも、お酒でお薬を飲むなんていうのはもってのほかです。

水以外のものでお薬を飲むと、薬の効果が薄くなったり、効果が強くなりすぎてしまうという事もあります。

こういった事例はいくつもあるのですが、有名なものだとグレープフルーツ(ジュース)と一緒にお薬を飲んではいけないというもの。

これは血圧のお薬と一緒に飲んではいけないというもので、一緒に飲まなくても食事のデザートでグレープフルーツを食べたりした時も注意しなければいけません。

グレープフルーツと血圧のお薬の組み合わせは、どんな事が懸念されるかというと、お薬が長く体内にとどまって、必要以上に強い効果が出てしまう可能性があるというもので、血圧を必要以上に下げてしまうというもの。

グレープフルーツだけでなく、他の柑橘系の果物も同様の作用が起こる可能性もあります。

絶対にそういった事態が起こるというわけではないですが、飲み合わせによってお薬を飲んでいるはずなのに、身体にとって悪いものを飲んでいるということになってしまいます。

他にも、飲み合わせでお薬本来の効果を薄めてしまったり、効果を強めたりするものがありますので、処方してもらった薬局の薬剤師さんに飲み合わせの悪いものを聴いておきましょう。

 

スポンサーリンク

薬を飲むときは水道水がいい?

昨今、普段飲むお水はミネラルウォーターだったり、ウォーターサーバーを使用していたり、お水にこだわる方が多くなってきました。

お薬を飲むときは、ミネラルウォーターでもいいんだよね?と疑問を持つ人は少ないかもしれませんが、お薬は水道水で飲むことが望ましいです。

偏にミネラルウォーターといっても、ものすごい種類がありますね。ミネラル分の多い硬水だったり、ミネラル分の少ない軟水だったり色々あります。

食べ物とお薬の飲み合わせの話と同じく、ミネラルウォーターのミネラル分がお薬の成分に少なからず影響をあたえる可能性があるため、水道水が無難ということになります。

ミネラルウォーター以外にも、整水器などで作れるアルカリイオン水もお薬を飲むのには適していません。

 

実際に私自身にあった体験談ですが、私が小学生の頃にアルカリイオン水が身体にいいという噂を聴いて、親が整水器を買ってきて、毎日飲む水がアルカリイオン水になった時期がありました。

ある時期に私が体調を崩し(風邪)、病院へ行きお薬を貰って帰ってきました。夕食を終えお薬を飲んだ時です。この時もアルカリイオン水で薬を飲みました。

しばらくして、かなり体調が悪化しました。当時はインターネットもない時代、調べることもできないですし、病院も閉まっている時間でした。

しばらく様子をみて、夜間診療に連れていくかどうかと親が相談していたのを憶えています。その時は次第に体調も回復しました。

小学生時代の記憶ですが、大人になった今でもはっきり記憶が残っているので、当時はかなり苦しい思いをしたのだと思います。

普段アルカリイオン水を飲むこと自体は身体にいいことなのかもしれませんが、お薬を飲むときの水には使わない方がいいです。

 

まとめ

お薬は本来、病気の症状を緩和するためにあるものですが、飲むタイミングで効果が違ったり、飲み合わせ次第では身体に悪いものになってしまう可能性もあります。

処方箋のお薬でも、薬局で購入するお薬でも、薬剤師の方に飲み合わせが悪いものを聴いておくといいでしょう。

お薬を飲んで体調を悪化させていては元も子もないですからね。

スポンサーリンク

-身体
-,

Copyright© 『 暮らしNote 』 , 2019 AllRights Reserved.