『 暮らしNote 』

日々の暮らしのメモをここに書いてます

体調

インフルエンザの感染経路と予防策☆アルコールでの除菌が有効?

投稿日:

家族がインフルエンザに罹った。自分や他の家族に移ったりしないか?

身近な人がインフルエンザになると、家族に移ったりしないか心配になりますね。

自身がインフルエンザに罹った場合も同様ですね。

二次感染を防ぐために、インフルエンザはどうやって感染するのか、感染を予防するにはどうしたらいいのかを紹介していきます。

スポンサーリンク

インフルエンザの感染経路は、飛沫、接触などの感染があるけど

インフルエンザに感染してしまう感染経路には空気感染、飛沫感染、接触感染があり、どのようにして感染するかを知っておかないと予防ができませんね。

飛沫感染
インフルエンザにかかっている人の咳やくしゃみによって飛散した唾液等を吸い込んで、ウイルスが身体の中に入り感染する
接触感染
ウィルスに汚染されている場所や物に触った手で鼻や口などに触れることで感染する

家の中では、ドアノブや水道の蛇口、洗面所やトイレのタオルなど、ウイルスが付きやすそうなところは色々ありますね

インフルエンザのウイルスがこうした感染経路で、口や喉、鼻の粘膜から身体の中に入り、ウイルスが増殖して高熱や身体の節々が痛む、咳やのどの痛み、鼻水などのツラい症状が出ます。

インフルエンザウイルス感染する経路がわかっても、感染しない為にはそれを予防しなければいけませんね

インフルエンザの各感染経路に対する予防に有効な対策

インフルエンザの感染経路別にどのような対策がとれるかを紹介していきます。

感染予防は同時に自分がインフルエンザにかかってしまった場合、他者に移さないようにするのにも有効です。

飛沫感染
マスクの着用、なるべくマスクと顔の間に隙間ができないものを選ぶ
マスクをすることによって、吸い込む空気の湿度を高く保てる(喉の粘膜の保護)
もし、自分の近くで咳やくしゃみをされた場合、しっかり手を洗う(接触感染につながってしまう)
接触感染
手洗い、うがいをしっかりする
特に手洗いは念入りに
手洗い後は、アルコール消毒をする、携帯できるアルコール消毒をもっておくと良い

基本的には、風邪の予防をするのと変わらないと思います。

インフルエンザのウイルスを身体の中に入らないようにするように心がけたいところです。

インフルエンザのウイルスはアルコールに弱く、ウイルスにアルコールが触れるとエンベロープというウイルスの殻のような役割をしている膜が壊れ、不活性化(機能しなくなる)すると言われています。

こうしたことから、アルコール消毒はインフルエンザの感染を防ぐうえでとても有効な手段となります。

手の消毒だけでなく、普段触れるような箇所は、アルコールを使って拭いてあげると、感染のリスクも下がりますね。

また、普段から持ち歩くのに便利な携帯できる除菌ジェルなんかも売っています。

また、手が良く触れる机などを拭く場合には、これが便利です。

インフルエンザの感染予防に普段からできること

インフルエンザの感染の予防は、ウイルスを身体の中に入れないようにするだけでなく、身体の免疫力を高く保っていれば、インフルエンザのウイルスが体内に入ってきても、身体がインフルエンザをやっつけてくれます。

免疫力を高くするというのは簡単に言うと、身体を健康な状態でキープするという事です。具体的にはどんな事をすればいいのか?ということですが

免疫力を高く保ち、健康な状態をキープするには

バランスの良い食事をとる
睡眠時間をしっかり確保する
体温を下げないようにする
ストレスをためないようにする

ごく当たり前のことかもしれませんが、こうしたことを守り規則正しく生活することによって免疫力も高く保てます。

他にも、部屋の湿度を高くして、喉や鼻の粘膜を保護してあげるのも大事です。喉や鼻の粘膜が傷んでしまうとウイルスに感染しやすくなってしまいます。

喉の粘膜保護には、はちみつ大根なんかも有効です。

喉の痛みにははちみつ大根(大根飴)が効果的!風邪薬より効くかも

喉がイガイガする、喉が痛い、そんな時にこのはちみつ大根(大根飴) 乾燥する季節に喉の痛みは特に辛いものですね。 実際に、私の体験では風邪薬よりも効果的で早く症状が改善するように思います。 はちみつ大根 ...

続きを見る

まとめ

インフルエンザに罹ってしまうと、とてもしんどい思いをしなくてはいけません。

普段から、ちょっと気を使っているだけで、インフルエンザにかかるリスクをずいぶん下げられます。

ちょっとしたことなので、やってみてください。

スポンサーリンク

-体調
-, ,

Copyright© 『 暮らしNote 』 , 2019 AllRights Reserved.