『 暮らしNote 』

日々の暮らしのメモをここに書いてます

GW お出かけ バーベキュー

バーベキューで着火剤なしで、簡単に火おこしをする方法は?

更新日:

バーベキュー場に着きました。

ささっと、火起こししてバーベキューを始めるぞー!

あれ・・・着火剤がない・・・

ということが多々あった私(^_^;)

炭はちゃんと持ってきたのに、着火剤忘れちゃったよ・・・

そんな時、代用したものや失敗談を紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

バーベキューで着火剤がない時に使ってみたもの

・割り箸

・炭が入っているダンボール

・新聞紙

その辺に落ちている枝

着火剤がない時、持ち物の中で代用できそうなものはこの辺だと思います。

割り箸と2のダンボール(炭の箱)は確実にあると思います。

新聞紙はあるととってもいいんですが、持っていってないことの方が多いかもしれません。

その辺に落ちている枝は、まず手に入ると思いますが、湿っていたりしてなかなか火がつかないなんてこともあるので、あまりおすすめはできません。

この中で簡単に炭に着火できる順番は

新聞紙→割り箸→ダンボール→その辺に落ちている枝

といった順番でしょうか。

炭の火おこしを簡単に済ませたい

炭の火おこしはちょっとした工夫をするだけで、わりと簡単に炭に着火できます。

割り箸、ダンボール、新聞紙、枝、どれを使う場合でもやり方は、ほとんど同じです。

火を起こすためには、ある程度火力が必要になってきます。

そこでどうすれば火力が上がるのか?ということを考えてやらなければなりません。

どうすればいいの?ということですが、空気がたくさん取り込めるように

着火剤代わりのものと炭を並べればいい。ということです。

モノを燃やすには酸素がいりますね!そのために空気が通る道を確保してあげないといけません。

もちろん着火剤を使う場合でも炭の並べ方を工夫すれば、より早く火おこしを済ませることができます。

具体的には、着火剤代わりのものをキャンプファイヤーの木を組むようなイメージで立体的に組んで準備していきます。

イメージ↓

割り箸は半分くらいに折って、組んでいきます。

ダンボールはなるべく細めに切って組んでいくといいです。

新聞紙はひねって細長くしたものを組んでいきます。新聞紙は簡単に丸めた状態だとあっという間に燃え尽きてしまいます(^_^;)

枝も割り箸と同じように適度な長さに折って組んでいくといいでしょう。

炭に着火するための土台が出来たら、土台の周りを囲うようにして炭を並べていきます。

炭は薄くて長いものがあれば優先的に並べていくと、より早く炭に火がつきやすいです。

並べ終わったら、土台の真ん中に火をつけます。

この時、ダンボール等に火をつけて真ん中に落としてあげると安全に火をつけれます。

火をつけたら火おこしは、ほぼ終わりです。

うちわであおいだりするのは、着火剤代わりのものの炎が消えかかってからで大丈夫です。

あまりあおぎ過ぎると紙類の灰はかなり飛びます。

放っておいても意外と炭にはちゃんと火が付いているものです。

スポンサーリンク

バーベキューの火おこしでの失敗談とやってはいけないこと

着火剤を忘れて、火おこしをどうしようかと思った時に、使ってうまくいかなかったことを紹介します。

まずはサラダ油・・・

油だから燃えるだろうと思っていました・・・

ティッシュかキッチンペーパーか忘れましたが、サラダ油を含ませて火をつけようとしたんです。

そうしたら、火がつかないんですね・・・(^_^;)

厳密にいうと、火はつくとは思うんですが、油が気化するくらい高温になっていないとつかないみたいです。

着火剤の代用品になるものを使った場合でも、どさっと平らに並べてその上に炭を置いて火をつけても、なかなか火がつかなかったですね。

前のところにも書きましたが、新聞紙やダンボールを代用で使う場合は、うちわなどであおぎすぎると灰がものすごく飛びます(^_^;)

あおぎ過ぎには注意です。お隣さんがいると嫌な顔をされてしまいます・・・

 

余談にはなりますが、やってはいけないこと(着火剤がある場合です)

やってはいけないことですが、これは液状の着火剤を使う場合。ジェル状の着火剤はよく見かけますね。

炭になかなか火がつかなくて、友人が炭の上に直接着火剤をかけたことがあったんですが非常に危険です

その時は、たまたま火の上に落ちなかったので事故にはならなかったんですが、

本当に危ないので、やめましょう。着火剤の説明書にも書いてあります。いきなり火が付いて手をやけどしてしまう危険がありますし、手に持っている着火剤に引火したらさらに大変なことに・・・

なかなかつかない場合は着火剤をダンボールなどにつけてから炭のところまでもっていきましょう。

安全第一ですよ!

まとめ

やっぱり、準備が大事ですね!着火剤があって困ることはありませんから。

着火剤を忘れた時の、火おこしの方法を紹介させていただきましたが、

この中だと、新聞紙が一番楽に炭に火が着きますし、お手軽だと思います。

バーベキュー用品の掃除も使えますし、常備しておいて損はないです。

スポンサーリンク

-GW, お出かけ, バーベキュー

Copyright© 『 暮らしNote 』 , 2019 AllRights Reserved.