『 暮らしNote 』

日々の暮らしのメモをここに書いてます

GW お出かけ 潮干狩り

あさりの砂抜き、塩分の濃度や温度、砂抜きした後の保存方法は?

更新日:

潮干狩りに行くと、かなりの量のあさりをお持ち帰りしてくると思います。

おすそ分けをしても、まだこんなにある!といった感じになることもしばしば。

食べる前に、まずあさりに入った砂を抜かないといけません。

アサリを食べた時、噛んだ瞬間じゃりってなると悲しい気持ちになります・・・

しっかり砂抜きをしっかりして美味しくあさりをいただきましょう!

スポンサーリンク

あさりの砂抜きの塩分の濃度はどれくらい?

あさりの砂抜きに必要なものは、まず塩水ですね。

潮干狩りにいってあさりを取ってきた場合は、ペットボトルに海水を入れて持って帰るといいでしょう。

2リットルのペットボトル2本分あれば十分だと思います。

海水を持って帰れれば一番いいですが、海水を持って帰ってくるのを忘れたり、おすそ分けであさりをいただいたり、スーパーであさりを買った場合は、海水と同じくらいの濃度の塩水を用意しなければなりません。

海水の塩分の濃度は3パーセントくらいなので、水に塩を入れて作れば大丈夫です。

水1リットルに塩を30グラム入れればいいわけですが、

塩水を作るのに一番簡単な方法は、500mlのペットボトルに水を入れて、大さじ1杯(これで15g)の塩を入れる。

これで簡単に塩分が3パーセントの塩水を作ることができますね!

あさりの砂抜き後の保存方法は?

砂抜きの方法についてです。

まず平らなトレイにあさりを並べて塩水を入れます。

なるべくあさりが全部塩水に浸からないようにしてあげましょう。

↓こんな感じですね

トレイには、新聞紙などでフタをしてあげるといいでしょう。

あさりは暗くすると砂をよく吐いてくれます。また、あさりが塩水を飛ばすので周りが水浸しになるのを防ぐこともできます。

塩水の温度は常温がいいです。夏場なら3時間くらいで砂を吐いてくれます。

冷蔵庫に入れたり、水の温度が低い場合は、あさりの活動が鈍くなるので時間がかかります。

スポンサーリンク

時間に余裕がある場合は少し長めに、砂抜きの時間をとってあげるといいでしょう。

スーパーで売っているあさりはそんなに砂を溜め込んでいないので、2時間くらいで大丈夫だと思います。

砂抜きが終わったら、ボウルなどにあさりを移して、新しい塩水を入れ、こすり洗いしてあげましょう。

あさりが吐いた砂がの表面についているので、こすり洗いで砂を落として砂抜きは完了です!

おまけというわけではないですが、塩抜きをしてやると料理の塩分が抑えられます。

塩抜きは、砂抜きしたあさりをザルなどにあけて、1時間くらい放置しておくだけでできます。

普段、あさりを使った料理が塩辛い、塩分が気になるのであれば、やっておいた方がいいでしょう。

あさりの砂抜き後の保存方法は?

すぐにあさりを食べる分については、冷蔵庫に保存してあげればいいです。

保存できる目安は1日〜2日です。

濡らした新聞紙にあさりを包んでジップロックに入れて、冷蔵庫に入れておきます。

野菜室が付いている冷蔵庫であれば、野菜室に入れておいてあげたほうがいいです。

あさりの量がたくさんあって、すぐには食べきれない場合は冷凍してしまいましょう!

あさりは死んでしまったら開かないんじゃないの?と思われるかもしれませんが、大丈夫です。

急速冷凍の方が好ましいので、急速冷凍機能があれば是非使いましょう。

また、スレンレスのトレイがあれば、トレイの上に乗せて冷凍してあげれば、早く冷凍することができます。

冷凍したあさりを調理する場合、注意しなければいけないことがあります。

それは、自然解凍しないこと!

基本的には、冷凍したあさりは強火で調理してください。

自然解凍だとあさりが開かなくなってしまいます。

まとめ

あさりを美味しくいただくには、砂抜きは必須ですね!

食べる量を考えて、保存する方法を冷蔵・冷凍、選んでみてください。

ちなみに私はメンドくさがりなので、当日食べる分以外は冷凍してしまいますw

スポンサーリンク

-GW, お出かけ, 潮干狩り

Copyright© 『 暮らしNote 』 , 2019 AllRights Reserved.