『 暮らしNote 』

日々の暮らしのメモをここに書いてます

母の日

母の日に送るお花でおすすめは?花束にちょっとしたアレンジも!

更新日:

女性はいくつになっても花をプレゼントされると嬉しいものです。

母の日には、赤いカーネッションが定番ではありますが、

いつもカーネーションをプレゼントしているし

他に綺麗な花もたくさんあるし

どうしようかと悩んでしまいますね。

いつもと違う花をちょっとしたアレンジを加えてプレゼントすれば、

サプライズ感も出て、いいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

母の日に送るお花でおすすめは?

定番は赤いカーネーション!というイメージですが、

花言葉で、花を選んでみるもの面白いと思います。

同じ花でも花言葉は花の色によって違うみたいですが、

ピンクは感謝の意味が入っているものが多いようです。

まずは定番ではありますが

赤いカーネーション

花言葉は深い愛

ピンクの薔薇

花言葉は上品、感謝、幸福

 

白色のダリア

花言葉は感謝、豊かな愛情

紫陽花(アジサイ)

花言葉は元気な女性、辛抱強い愛情、家族団欒

 

チューリップ

花言葉は思いやり

スポンサーリンク

赤いカーネーション以外にもお母さんへの感謝を伝えるという意味では色んな花がありますね。

花を組み合わせて花束を作ったりするのもいいのではないでしょうか。

花束の中にお母さんの好きな花を入れてみるのもいいですね。

 

母の日に送るお花は生花がいいの?

花をプレゼントするのにもいろいろありますね。

生花が一番多いと思うのですが、

日持ちがするものがいいなという場合は鉢植えの状態で売っているものを選んでみたり

枯れてしまうのが寂しいなという場合は造花だったり

プりザーブドフラワーなんていうのもあります。あまり聞きなれない言葉なので説明をしますと

プリザーブドフラワー(Preserved flower)とは、

専用の液体を使って脱水・脱色をしてから、着色をしたものです。

ドライフラワーとは違うものです。

水分を抜いているので、枯れたり腐ったりしません。

自然界にないような色も着色できます。

お花の形ははそのままで、生花のようなみずみずしい見た目です。

また、水やりの必要も無いです。

手入れがほぼ必要ないのですごくオススメなんですが・・・

加工をしている分、お値段は生花よりお高めになってしまうのがつらいところです。

予算やお母さんの好みを考えて選んでみてはどうでしょうか?

 

母の日に送るお花に手作りアレンジをしてみよう

フラワーアレンジメントを依頼してもいいと思うのですが、

せっかくの母の日のプレゼントですから、自分でフラワーアレンジメントにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ちょっとした工夫で手作りならではの温かみや気持ちがが出ますし、感謝の気持ちがより伝わると思うんです。

むつかしく考える必要は全くないと思いますよ。

バスケットやかわいい箱に花束を入れて、

花の横に焼き菓子なんかをいれてみてはどうでしょうか?

写真のように、ぬいぐるみなんかを入れてあげると、よりカワイイ感じになると思います。

もちろん日々の感謝の手紙をいれておけば、すごく喜んでもらえると思いますよ。

 

まとめ

母の日に送るお花の定番は赤いカーネーションというイメージですが、花言葉で選んでみるのもいいですね。

お花は生花だけでなく、鉢植えのものや、プリザーブドフラワーだと日持ちのします。

お花にアレンジをして贈ると、より喜んでもらえますよ!

スポンサーリンク

-母の日
-

Copyright© 『 暮らしNote 』 , 2019 AllRights Reserved.