『 暮らしNote 』

日々の暮らしのメモをここに書いてます

お中元 マナー

お中元を送る時期は?誰に送るものなの?どんなマナーがあるの?

更新日:

あの人にはお世話になっているし、お中元を送ろうかな?

そういえば、お中元を送る時期っていつだっけ?確か夏ごろだったけど・・・

いざ、お中元を送ろうと思っても普段習慣がないものは迷ってしまいますね。

マナーはどうすればいいのか?という疑問も同時に出てきます。

いっしょに確認していきましょう。

スポンサーリンク

お中元を贈る時期は?

まずは、肝心のお中元を贈る時期です。

関東は7月1日から7月15日、関西は7月中旬から8月15日の間となっています。

このように、地域の風習によって違います。

お中元の時期の後は、「暑中御見舞」、「残暑御見舞」という具合に続いていきます。

もし、贈る時期がずれてしまいそうな時は、時期に合ったものにしましょう。

お中元の由来はもともと中元とは道教(宗教)の三元の一つで、

他にも上元(旧暦1月15日)、下元(旧暦10月15日)というものがあり

中元は旧暦の7月15日になります。

地域によって、今(西暦)の7月15日だったり、8月15日だったりするので

お中元の時期も変わってしまうということになったみたいですね。

こうしたことから、「暑中御見舞」、「残暑御見舞」の時期も地域によって変わってきますね。

お中元は誰に贈るものなの?何を贈ればいいの?

お中元は、お世話になった人(親類、仕事関係、知人)などに贈る贈り物ですので、

特に誰に贈るという決まりはありません。

お世話になっています。という気持ちを贈るものだと思います。

何を贈るかですが、

贈る相手の好みがわかっているのであれば、相手に喜んでもらえるものを贈るといいです。

好みがわからない、いろいろ見たけど、全然決められないという時は、

相手に選んでもらえるカタログギフトもいいのではないでしょうか。

お中元で贈らない方がいいものもあります。

何かというと、塩なんです!

よく時代劇なんかで嫌な客が来たりしたときなんかに、

「二度と来るな!!おいっ!!塩まいとけ!!」

なんてセリフを聞いたことありますよね?

塩をまくという行為は、お清めをする行為で、こういった意味から

ご年配の方だと怒ってしまうかも知れません。

他にも「敵に塩を送る」といった言葉もあります。語源になった話はいい事をしているのですが、

いい意味ではあまり使われません。

「〇〇の塩」とかいっぱいありますが、お中元などの年中行事ではやめておきましょう。

お中元は挨拶状もしっかり書きましょう!

お中元を贈る時、「もの」だけになっていませんか?

せっかく感謝の意をつたえるためにすることですから、

感謝の気持ちもこめて、挨拶状をちゃんとつけることが大事です。

お中元を贈る相手(親類、仕事関係、知人)によって文面は気をつけましょう。

また、「親しき仲にも礼儀あり」ではないですが、お中元などの年中行事は、

普段、身近でお世話になっている人でも冒頭の箇所等は、季節の挨拶を入れるなどして、

改まった文章を書くと、しっかりしているな!といった印象を持ってもらえると思います。

例文ですが、

スポンサーリンク

お仕事関係ですと、

謹啓 向暑の候、貴社いよいよご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引き立てにあずかり、厚くお礼申し上げます。
つきましては、日頃の多大なるご厚情ご鞭撻への感謝のしるしといたしまして、心ばかりのお中元の品を別便にてお送りいたしました。ご受納下さいますれば幸いに存じます。
貴社の更なるご発展ご繁栄を心よりお祈り申し上げますとともに、今後とも、引き続きご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
略儀ながら、書中をもちましてお中元のご挨拶を申し上げます。

謹言

親しい相手には

拝啓 連日厳しい暑さが続いておりますが、○○様をはじめご家族の皆様方には健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。

平素は、何かとお気遣いいただきまして誠にありがとうございます。また久しくご無沙汰いたしまして、申し訳ございません。

日頃の感謝をお伝えしたく、心ばかりの品ではございますが、当地特産の〇〇をお送りいたしました。ご笑納いただけますと幸いです。

夏風邪には十分ご注意のうえ、ご家族の皆様おそろいで、蝉の声にも勝る賑やかな夏をお過ごしください。
まずは書中にて、ご挨拶まで。

敬具

こういった感じでしょうか?

挨拶状の冒頭の頭語、締めの結語にも気をつけましょう。

一例ですが、

頭語  謹啓 拝啓 前略

結語  謹言 拝具 草々

等がありますが、こちらも気をつけましょう。

目上の人に前略は失礼にあたります。

また、結語には対応する語句を用いましょう。

例に挙げたものは上下で頭語と結語が対応しています。

左から丁寧な言い回しになっています。

まとめ

お中元を贈る時期は7月15日前後に送るようにしましょう。

また、手渡しでも構いません。

お中元はお世話になっている方への気持ちですので、自分のできる範疇で構いません。

挨拶状は書きましたか?意外と届いたものより挨拶状の方が見られているかもしれません。

スポンサーリンク

-お中元, マナー

Copyright© 『 暮らしNote 』 , 2019 AllRights Reserved.