『 暮らしNote 』

日々の暮らしのメモをここに書いてます

季節のイベント

土用の丑の日にうなぎを食べるのはなぜ?歴史は江戸時代から?

更新日:

土用の丑の日が今年もやってきますね。

うなぎが食べたい!

土用の丑の日だから〜というのを口実にうなぎを食べに行っている私ですが、

そもそも、なぜ土用の丑の日にはうなぎなのか?

理由をご存知ですか?

いつ頃からあるものなのか?その風習ができたのはなんでなのか?をみていきましょう。

スポンサーリンク

土用の丑の日、まずは土用とは?

土用の丑の日の土用とは、各季節(春夏秋冬)の最後の18~19日間が「土用」といいます。

これは五行(古代中国に端を発する自然哲学の思想)に由来する暦の雑節の1つです。

雑節
節分、彼岸、社日、八十八夜、入梅、半夏生、土用、二百十日、二百二十日

雑節の中でも聞いたことのあるものから、あまり聞きなれないものまであるとは思いますが、そのうちの1つということですね。

土用(の丑の日)と聞くと、夏をイメージしますが、年に4回あり夏だけではないということですね。

土用はいろいろ諸説ありますが、季節の変わり目であるため、その準備をする期間、とされています。

日本の場合は中国からの旧暦の表記で、本来では涼しくなるはずの立秋前の土用が夏真っ盛りの時期に来てしまいます。

昔から、夏の土用は「夏の暑さに負けないよう、滋養がつく食べ物を食べる」というイベントが付くようになりました。

今で言えば「夏バテの対策:食事編」といったところでしょうか。

 

土用の丑の日、丑の日とは?

丑の日ですが、コレは字を見て判るように十二支の丑です。

十二支はもともと易学で、時間や季節や方位等も表しています。

旧暦では毎日の日付にこの十二支が振ってあり、現在の月火水木金土日の曜日のように、12日で一周して毎日何かしらの十二支の日でした。

ですから「土用丑の日」とは「夏の立秋前18日間で、暦の十二支が丑である日」ということになります。

今風に言えば、「夏休み最後の10日間の内の火曜日」みたいな言い方と同じと思ってください。

で、土用丑の日に精の付く物を食べると夏バテを乗り切れるという風習があったのです。

十二支の中の丑であるのは、先にも言った十二支の易学的なものから来ているといわれます。

十二支は月にも割り振られています。

月で言うと当時の暦で冬至がある11月から子・丑・寅・卯・辰・巳・・・・とまります。

・寅月(いんげつ) → 1月
・卯月(ぼうげつ) → 2月
・辰月(しんげつ) → 3月
・巳月(しげつ) → 4月
・午月(ごげつ) → 5月
・未月(びげつ) → 6月
・申月(しんげつ) → 7月
・酉月(ゆうげつ) → 8月
・戌月(じゅつげつ) → 9月
・亥月(がいげつ) → 10月
・子月(しげつ) → 11月
・丑月(ちゅうげつ) → 12月

最も寒い12月が丑の月、夏の土用は旧暦6月(未月)で十二支を円形に配置して月を割り振った時にちょうど対局に来ることになりますね。

夏土用の暑さを十二支の易により向の丑の月の力で撃退しようとか、乗り切ろうとか、そういう占い的な発想があったわけなんです。

そういった理由から、土用の丑の日に滋養のつく食べ物を食べて、夏を乗り切ろうとなったわけですね。

スポンサーリンク

 

土用の丑の日になぜ鰻なのか?滋養のつく食べ物だったら他にもありそうだけど?

鰻ははるか昔の大和時代から「滋養のつく魚」として夏に食べられていました。

春から秋にかけて脂が乗った旬を迎える魚で(鰻は秋が旬です)、長物の魚が滋養がつくと言われています。

タチウオやウツボなんかも滋養のつく魚として食べられてたようですね。

鰻を夏に食べることの方が、土用の丑の日が設定されるよりも早かったということになりますね。

江戸時代の頃は脂が乗った魚を下魚とする風潮があったのですが、秋刀魚と鰻は別でした。

マグロのトロは捨てられていたという話は聞いたことがありませんか?(実に勿体無いですね・・・)

カツオも脂の乗った戻り鰹よりも脂の少ない初鰹が重宝されていました。

肉を食べることがタブーだった江戸時代の夏に、鰻は数少ない「簡単に手に入る栄養価が高い食べ物」でした。

また、鰻は生では食べません。血に「イクチオヘモトキシン」という毒があるので加熱しないとお腹を壊したりします。(加熱すれば毒素が破壊されます)

つまり、この「毒を制した料理食べて滋養をつける」という意味合いもあったそうです。

江戸時代には多くの鰻屋があり、本日は土用の丑の日という言葉を広めたのは平賀源内という説があります。

平賀源内の知り合い鰻屋が、旬を過すぎて夏に売れない鰻を何とか売るために相談に行き、

平賀源内は、「土用の丑の日うなぎの日 食すれば夏負けすることなし」と書いた看板を店先に掲げることを勧めました。

すると、その鰻屋は大変繁盛し、他の鰻屋もそれを真似て、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したという話です。

このことにより、土用の丑の日にうなぎを食べると風習が今日に至るということなんです。

 

まとめ

今年(2017年)の土用の丑の日は7月25日(火)と8月6日(日)です。

冒頭にもありますが、土用の丑の日を口実にうなぎを食べに行くことは間違いありませんが、

栄養価の高いうなぎを食べることは、身体にもいいことです。

歴史を感じながら鰻を食べるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

-季節のイベント
-,

Copyright© 『 暮らしNote 』 , 2019 AllRights Reserved.