『 暮らしNote 』

日々の暮らしのメモをここに書いてます

お出かけ

ホタルを愛知・岐阜・三重でみられる鑑賞スポットをご紹介!

更新日:

5月末から梅雨の時期にかけてのイベントといえば蛍をイメージしてしまいます。

蛍が発する光は幻想的でとても綺麗ですね!

毎年、気づくと時期の終盤に差し掛かっている私ですが、今年はすでに思い出しました(笑)

普段、蛍を見にいかない方は、どこへ行けば蛍が見れるのか分からないといった声もしばしば。

東海地方で、蛍が見れるスポットや時間帯を紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

ホタルを鑑賞するのに知っておいた方がいいこと

まずは、蛍を見るときに知っておいた方がよい事(マナー)

蛍を見にいくときは当然夜の時間帯ですので、周りがくらいですね。懐中電灯を持って出かけたりもしますが、決して蛍の方を照らさないようにしましょう。鑑賞地点に着いたら明かりを消しましょう。光に反応して隠れてしまいます。

また、写真を撮ったりもすると思いますが、こちらもフラッシュは切っておきましょう。理由は同じく光に反応して隠れてしまいます。

もし近くで蛍を鑑賞するのであれば、虫よけスプレーをして蛍を見にいくのはやめましょう。スプレーの成分に反応して隠れてしまうこともあります。

蛍は、水がきれいなところにしか生息できないのはご存知ですか?蛍の生息している環境を守るため、ゴミはしっかり持ち帰りましょう。

蛍を捕まえたりするもの、やめましょう!当たり前かもしれませんが念のため。

次に蛍の鑑賞をするのにベストな時間帯や天候を知っておきましょう

時間帯

19時〜21時が蛍が多くみられる時間
(20時から多く飛ぶと言われています)

気象条件

・曇っていて月が出ていない

・風がない

・気温20度以上で湿度が高い

時間帯や気象の条件はこういった条件が良いとされています。

雨は降っていない方が好ましいです。

梅雨の時期に差し掛かってきますから、こういった条件が揃う日は多いですね。

マナーや蛍が観れる条件がわかったところで、いよいよ蛍が観れる場所を紹介してきます。

ホタルを愛知・岐阜・三重でみられる鑑賞スポットはこちら

愛知県で蛍がみれるスポット

名古屋城の外堀一帯

住所:愛知県名古屋市中区丸の内
料金:ー
営業時間:ー
交通アクセス:【電車】地下鉄鶴舞線丸の内駅・名城線市役所駅、徒歩役5分【車】名古屋高速都心環状・丸の内出口から約2分
駐車場:周辺のコインパーキング
地図:ここから地図を表示

足助町 各所

住所:愛知県豊田市足助町
料金:ー
営業時間:ー
交通アクセス: 【車】猿投グリーンロード・力石インターから約30分
駐車場:ー
地図:ここから地図を表示

西尾 平原ゲンジボタルの里

住所:愛知県西尾市平原町
料金:ー
営業時間:ー
交通アクセス: 【車】伊勢湾岸道約豊明インターから約20分
駐車場:ー
地図:ここから地図を表示

 

スポンサーリンク

岐阜県で蛍がみれるスポット

本巣市ほたる公園

住所:岐阜県本巣市曽井中島1117-8
料金:ー
交通アクセス:【電車】樽見鉄道線本巣駅から徒歩5分 【車】東海北陸自動車道・岐阜各務原ICから約50分
駐車場:あり  本巣市民スポーツプラザ利用、無料
地図:ここから地図を表示

郡上大和 ほたるの里

住所:郡上市大和町万場2011
料金:ー
営業時間:ー
交通アクセス: 【電車】越美南線 万場駅より徒歩約5分【車】ぎふ大和インターから約15分
駐車場:あり
地図:ここから地図を表示

大垣市 抗瀬川周辺

住所:岐阜県大垣市南市橋市抗瀬川中島橋 周辺
料金:ー
営業時間:ー
交通アクセス:【車】東海環状自動車道・大垣西インターから約10分
駐車場:ー
地図:ここから地図を表示

関市 関川流域一帯 (常栄寺周辺)

住所:岐阜県関市西神野881−1
料金:ー
営業時間:ー
交通アクセス:【車】東海環状自動車道・大垣西インターから約15分
駐車場:あり
地図:ここから地図を表示

岐阜市 板屋川八王子神社 周辺

住所:岐阜県岐阜市中西郷3
料金:ー
営業時間:ー
交通アクセス:【車】東海北陸自動車道・岐阜各務原インターから約30分
駐車場:ー
地図:ここから地図を表示

美濃加茂市 川浦川・廿屋川周辺

住所:岐阜県美濃加茂市三和町川浦、三和町廿屋
料金:ー
営業時間:ー
交通アクセス:【車】約10分
駐車場:
地図:ここから地図を表示

 

三重県で蛍がみれるスポット

鈴鹿ほたるの里

住所:三重県鈴鹿市西庄内町地内
料金:大人100円
営業時間:ー
係員は平日19:00~22:00、金土日19:00~23:00迄駐在しています。
雨天時は不在
交通アクセス:【車】東名阪自動車道鈴鹿ICから約10分
地図:ここから地図を表示

まとめ

蛍は、自然が多く残っている場所に生息していますので、なかなか電車で行けるところは少ないようです。

名古屋城の外堀はその中でも数少ない都会のど真ん中で蛍がみれるスポットとなっています。

地下鉄の駅も、すぐ近くにありますし、ふと思い立った時に行けるのも魅力ですね。

スポンサーリンク

-お出かけ,
-, , ,

Copyright© 『 暮らしNote 』 , 2019 AllRights Reserved.