『 暮らしNote 』

日々の暮らしのメモをここに書いてます

夏休み

自由研究のテーマに困ったら?まとめ方は6つのステップで着実に

投稿日:

夏休みの宿題で、頭を悩ませてしまうものといえば、読書感想文ともう一つ、自由研究!

お子さんは何をやろうかな〜と悩んでいませんか?

読書感想文もそうですが、テーマを自分で決めなければならないものは、どうしても何をやるかを決めるまでに時間がかかってしまいますね。

どういったものをテーマにすると、とりかかりやすいか、どう進めればうまくまとめれるかをみていきましょう。

スポンサーリンク

自由研究のテーマやネタの選び方に困ったら

自由研究の宿題を進める上で、まずやらなければいけないことは、テーマを決めることですね!

テーマは、何かものを作る。いわゆるものづくりがおすすめです。

なんで?と思うかもしれませんが、自由研究は何かやって終わりというわけではありませんね?

研究というくらいですから、テーマにしたものを作っていく上での、予想や過程、結果などをまとめて資料にしたりしなくてはいけません

ものをつくるというのは、予想したり、作っていく上での過程を記録したり、結果もわかりやすいです。

こうした理由から、ものをつくるというのがおすすめなんです。

具体的に何をやるのがいいの?というのは後ほど。

自由研究のまとめ方や進め方、細かく記録を取る事が大事

自由研究は段階的に分けて進めていくと、資料を作る時が楽です。

具体的には、

 

1.まず初めにテーマを決めましょう!

まずテーマを決めなければ何も始められませんね!

2.テーマが決まったら、進め方(段取り)を決めましょう!

ものの作り方を調べて、どう進めるかの段取りの計画を立てましょう。

3.予測を立ててみる

こういう結果になるだろうというのを考えてみましょう。どんなものができるか想像してみてください。

4.作るための準備をする

道具や材料を準備しましょう。リストにまとめてから買い物に行くとスムーズに進みますよ。

5.ものづくりを始める

ものづくりを始めましょう。ここの段階が最も重要ですね!

作るだけではいけません。しっかりメモや写真を撮って記録を残しましょう!

少しでも気になったら、メモを取ったり写真を撮るというのが大事です。

6.完成したものを使ってみる

実際に出来上がったものを使ってみましょう。

結果がどうなったか、予測していたものとどう違ったかも記録しましょう。

 

このように段階的に進めて行くとあとあと資料にするのもスムーズにいきます

大事なのは、すぐにメモを取ったり、写真を撮ったりして記録として残しておくこと。

メモも写真も、あればあるだけ良いです。使わなかったものは使わなかったでいいですが、あの時どうだったっけ?とならないようにしっかりメモをとりましょう。

写真も同じです!完成してからでは、途中経過の写真はとれませんからね。

メモや写真があれば、あとは研究成果としてまとめるだけですね!

学校によって提出するフォーマットがあると思いますので、それにまとめていきましょう!

スポンサーリンク

自由研究のテーマやネタは料理や加工食品を作ってみるのもあり

具体的に、どんなものがいいのか?を少しですがピックアップしていきます。

ものづくりというと工作みたいなものを想像されるかもしれませんが、料理なんかもおすすめです。

料理は普段からするものですので、道具も台所にあるもので済むことがほとんど。

その中でも私がおすすめしたいのが、牛乳を使った加工食品を自分で作ってみるというもの。

乳製品は、バター、チーズ、ヨーグルトなんかがありますね。普段は購入しているものを自分で作ってみるというのも面白いです。

作るのも比較的に簡単なので、小学校低学年のお子さんでもできますね。

材料も簡単に手に入りますし、元の状態からどうなっていくかの経過を見れます。実際に出来上がったものと市販で売っているものを比べてみるのもいいですね。

 

一例としてバターを作るのに必要な道具や材料、作り方をみていきましょう

道具や材料:透明な蓋つきのビン、またはペットボトル(ペットボトルを使う場合はハサミも必要)、生クリーム、塩

生クリームは脂肪分が多いものを選びましょう。40%以上のものがいいです。

分量:生クリーム100mlに対して塩1g

作り方:
1.ビン又はペットボトルに生クリームを入れます。入れる量は容器の3分の1程度の量にしましょう。

2.容器に蓋をして激しく振ります。(小学校低学年のお子さんの場合、ペットボトルのほうが安全です)

3.容器を振り続けていると、だんだん固形物と水分に分離していきます。そのまま振っていくと分離が進んでいきます。

4.好みの硬さになったら、水分だけ他の容器に移します。(この水分はホエーといって栄養がたっぷり、捨てないようにしましょう、そのまま飲んでもいいです)

5.容器から固形になったものを取り出して、塩と混ぜてバターの完成です。

 

バターの場合、固形物と水分に分かれるので、生クリーム100mlから、〇〇gのバターができた。という結果なんかを載せるのもいいですね。

まとめ

自由研究のテーマやネタの選び方はものづくりがおすすめです。

進め方は、しっかり段取りをくみましょう、

細かく記録を取ると資料にまとめる時に楽ですよ!

料理や加工食品を作るのは、割と簡単にできるので、おすすめです!

スポンサーリンク

-, 夏休み
-,

Copyright© 『 暮らしNote 』 , 2019 AllRights Reserved.