『 暮らしNote 』

日々の暮らしのメモをここに書いてます

マナー

アパートの騒音トラブルで下の階の住人が特に気になる足音と対策

投稿日:

アパートで暮らしていると、どうしても気になってしまうのが、上の階の足音。

特にお子さんがいる家庭が上の階に住んでいると、子供が部屋の中を走り回ったりすると、下の階には大きな音が響きます。

鉄筋コンクリートのマンションなんかだと、同じ状況でも音が全くしなかったりもしますが、アパートは木造が多いですね。

そして残念なことに、床にしっかり遮音材を入れてあるアパートは珍しいと思います。

アパートは、2階建てのものが多いと思いますが、2階に住んでいる方は、1階に住んでいる人がどんな風に足音が聞こえているか。

その他にも、どんな音が気になるのかを知っておくと、無用なトラブルを避けるための対策もできると思います。

スポンサーリンク

アパートの騒音で下の住人が子供の足音以外で気になっているもの

無用なトラブルを避けるためにも、1階(下の階)の住人がどんな音が気になるのかを知りましょう。

子供が走り回って、それが響いてうるさいといった話はよく聞くと思うのですが、その他にも騒音と思われているものがあるものです。

1階の住人は他にどんな音が不快に思っているのか?

子供だけでなく、大人の足音も相当気になる
子供が走り回ったりしていれば当然足音は気になりますが、意外と大人の足音も気になるものです。
自分はそんなに音を立てて歩いていないよと思うかもしれませんが、裸足で部屋の中を歩いていたり、底が硬いスリッパを使っていたりすると、足音はかなり響くものです。
掃除機をかける音
掃除をする上で、これは仕方がないことだと思います。
掃除をする時間帯に気をつけるしかないですが、深夜に掃除機をかけるのは本当に迷惑になるので気を付けましょう。
洗濯機の音
これも掃除機同様に、生活していく上で必要なものですから、洗濯機を使う時間帯を気を付けましょう。
椅子をひく音
ズズズっと引きずるように椅子を引くと、まず1階には聞こえています。
一度椅子をあげて位置を変えるか、椅子の底にフェルト材なんかを貼って音が出ないようにしましょう。
ドアを閉める音
そっと締めれば大丈夫ですが、バタンと音が出ているようであれば、下の階にも音が伝わっています。
音楽
オーディオやテレビの音も音量が大きいと気になるものです。音のボリュームや重低音が効いている音楽には要注意です。
床に物を落とす音
わざとやる人はまずいないと思いますが、非常に大きな音が響きます。

 

スポンサーリンク

アパートの騒音で一番気になるのはやはり足音、どんな対策が取れるのか

悪気はなくても、下の階に足音は響いているものです。

子供の足音だけでなく、大人も気をつけなければいけません。

しかし、普段から気をつけ続けるのも、疲れてしまいますね。

音は、衝撃が空気を伝わって出るものです。

足音の原因になっている衝撃を和らげてあげれば、足音も小さくできます。

衝撃を和らげる対策には、こんなものがあります。

底のクッションが柔らかいスリッパを履く

スリッパを選ぶ時に、静音タイプのスリッパでなるべく軽いものを選ぶと、衝撃も床に伝わりにくいので、足音も下の階に伝わりにくくなります。

絨毯やラグを敷く

これをするだけでも、ずいぶん違います。
低反発タイプのものだと、さらに効果が見込めます。

クッションマットを敷く

クッションマットを敷くのはかなり効果が見込めます。
ジョイントマット(画像参照)はお子さんがいる家庭では使われている方が多いですね。
ジョイントマットは防音に効果がある他にも耐水性・耐久性・保温性なんかの機能があるものもあります。
お子さんがいる家庭では、子供がやってしまいがちなジュースをこぼしたり、おもちゃで床を傷つけたりという心配も解決してくれます。

まとめ

足音なんかのちょっとしたことで、ご近所トラブルへと発展してしまいます。

取れる対策は、やっておくと無用なトラブルに発展しなくて済みますので、やるに越したことはありません。

ちょっとした気遣いが大事ですよ。

スポンサーリンク

-マナー
-,

Copyright© 『 暮らしNote 』 , 2019 AllRights Reserved.